水道コンシェルジュで今すぐ解決

トイレの水が流れない場合の直し方

女の子でも出来る!簡単に洗濯機を設置する為の3つの手順
Pocket

いざ、トイレの水を流そうとした時に突然水が流れなくなることがある。

あなたにもそんな経験がおありではないだろうか?

かといって、そのままにしておく訳にもいかず業者をすぐ呼んで修理してもらおうとしていないだろうか?

そして原因がわからない為、自分では直せないとあきらめてはいないだろうか?

しかし、水が流れなくなる原因は非常に単純で自分でも簡単に直せてしまうのだ。

もしあなたが現在、同じような状況でお困りならこのページを読んで手順どおり実践してみてほしい。

必ずお役に立てるはずだ。

1.トイレタンクのフタを開けて中を確認する

トイレタンクを確認するのはトイレのトラブルが起きたときに必須となる作業だ。

なぜなら、トイレのタンク内に水が循環する構造が備わっているからだ。

そこで、まずタンク内を確認して今どういう状況か調べる必要がある。

トイレタンクは垂直に上に持ち上げれば簡単に外すことが出来る。

1-2.トイレタンク内に水がある場合

もしタンクに水が無ければ当然流れないのも納得ができるだろう。

しかし(トイレの水が流れないがタンクに水がある)という場合にはクサリを調べてみる必要がある。

なぜなら、クサリ部分にて何らかの不具合が起きていることが考えられるからだ。

1-2-1.クサリが外れている場合

トイレの水が流れない場合の直し方
もしクサリがハンドルのアームから外れているとハンドルに動力が伝わらないので当然流れないのも理解できるだろう。

このクサリがトイレの水を流すためのハンドルへと内部でつながっているのだ。

よって外れていたクサリをハンドルのアームに引っ掛けてあげればハンドルも正常の動きをする。

それだけで直ってしまうことも多いのだ。

1-2-2.クサリが切れている場合

トイレの水が流れない場合の直し方
クサリが途中で切れてしまっていたりすると、交換しなければならない。

クサリだけ交換しても良いが、この場合浮ゴムごと交換してあげたほうがいいだろう。

詳しい浮ゴムの交換方法を知りたい人はトイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方を参考にしよう。

1-2-3.クサリが切れている時の応急処置

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方
浮ゴムを交換するまでの間にトイレを使用したい場合は、応急処置をしてあげよう。

ヒモをクサリ代わりにしてあげるのだ。

浮ゴムにヒモを通して結んであげる。そしてハンドルのアームにフックで引っ掛けてあげれば完了だ。

これで、水は流れるようになるだろう。

1-3.トイレタンク内に水が無い場合

トイレのタンクに水が無い場合は何らかの不具合で水が給水されなくなっている可能性がある。

その原因がわかればすぐに解決できるので一つ一つ見ていこう。

1-3-1.元栓が閉まっていないか確認する

トイレの水が流れない場合の直し方初歩的なことになるが、トイレのタンク内に水が無い場合は元栓が閉まっていないか確認する必要がある。

元栓が閉まっていると故障していなくても水は出てこないので必ず確認してみてくれ。

元栓の開け方に関してはトイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法をみてほしい。

1-3-2.浮玉がタンクに引っかかっていないか確認する

トイレの水が流れない場合の直し方浮玉がタンク内で引っかかってしまい、水が給水されない状態の時がある。

もし浮玉がタンクの壁などに引っかかっている場合、浮玉が給水を止めてしまっているので当然タンクに水がたまらない。

その場合浮玉を下げてあげるだけで直るだろう。

1-3-3.浮玉がゆるんでいないか確認する

トイレの水が流れない場合の直し方上の方法で治らない場合は浮玉と支持棒を接続しているナットがゆるんでいる可能性がある。

グラグラで外れかけていると手直ししてあげても元に戻ってしまうので、ペンチでナットを締めこんであげれば直るはずだ。

1-3-4.支持棒を曲げる

トイレの水が流れない場合の直し方3上の方法でも直らない場合は支持棒を曲げてしまおう。

支持棒ごと浮玉を外し、ペンチで支持棒を曲げよう。

取り付ける際はタンクに浮玉があたらないように取り付けてあげるのがコツだ。

1-4.防露タンクの場合

防露タンクをご存知だろうか?

防露タンクとはタンクの結露を防ぐ仕様が施されているタンクのことだ。

最近のトイレは回りが陶器でできていて、その中に樹脂タンクが入った二重構造になっているものが多いが古いタイプの防露タンクは水が入ってふくれたり、はがれたりする。

それが原因で浮玉を邪魔してしまうことがあるのだ。

支持棒を曲げた程度で直らない場合は発砲樹脂層をはがして取る方が効率的だ。

発砲樹脂層をはがしてしまうと結露を防ぐための効果はなくなるが、使用上問題はないので水が流れないよりはマシだろう。

1-5.浮玉が下がらない場合

トイレの水が流れない場合の直し方浮玉が下がることによって水が給水される。

しかし、浮玉が下がらずに止まってしまっている場合はボールタップのピストンバルブがスムーズに動かなくなっている可能性がある。

その場合CRC5-56を使ってスプレーしてあげれば、動きもよくなるだろう。

2.まとめ

いかがだっただろうか?

トイレの水が流れなくなるにはいくつが原因があるが、実は単純な理由が多いのだ。

まず始めにタンクの中を確認して異常がある箇所を調べてみる必要がある。

原因がわかれば少しの手直しで簡単に直せてしまうことが多い。

トイレの構造は案外単純だったりするのだ。

まず、自分で出来ることを試してみてる。業者を呼ぶのはそれからでも遅くは無いのだ。

参考になったなら幸いだ。

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

「トイレの水が流れない」に関する関連記事

コメントを残す

*