水道コンシェルジュで今すぐ解決

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因
Pocket

最近、トイレの水を流してもペーパーや汚物が全て流れきらずに便器に残ってしまう。今までは問題なかったのに最近になって気になりはじめた。という方も中にはいるのではないだろうか?

実際、トイレを使用する上で大きな問題が起きるわけではないが出来れば一度で全てを流しきりたいものだ。又、一度で流せるはずが2度も3度も流さなくてはいけないとなると水道代にも影響してくる。

日々節水に励んでいる主婦には痛手なはずだ。そこで、このページではトイレの水の流れが悪い時に確認しておきたい事と、その対処法をお伝えしていこうと思う。確認しておきたいポイントは以下の2点だ。

  • 流す際に水量が足りていない
  • 便器につまりがある

心当たりがある方はさっそく実践してみてほしい。簡単に改善できるはずだ。

1.トイレタンクを外そう

 

水の流れが悪い場合、故障しているわけでは無く単に流す水の量が基準よりも少ない可能性がある。その時は、タンクを開けて水位が基準値まで達しているか確認しておく必要がある。

1-1.トイレタンクの外し方(持ち上げるだけのタイプ)

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因トイレタンクは上に持ち上げるだけで外せるタイプとナット等で固定されているタイプがある。自分の家はどのタイプかを確認してそれに応じた外し方をしてあげよう。特に工具などは必要ないので簡単に外せるはずだ。

因みに画像で紹介してるのは、上に持ち上げれば外れるタイプだ。

1-2.トイレタンクの外し方(固定されているタイプ)

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因固定されている場合はタンクを持ち上げて中を覗いたときに透明の蛇腹ホースで接続されていることが多い。

そして手洗い器との接続部分にプラスチック状のナットで固定されている。しかし、手で左に回せば簡単に外せるので工具を用意する必要は無い。

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因画像を見てもらえばわかるが、これが透明の蛇腹ホース。白い部分がナットだ。外せたらホースを潰さないように安全な場所にどけておこう。作業しやすくするためだ。

又、トイレタンクの開け方はトイレタンクのフタの開け方でも詳しく解説しているので目を通しておこう。

2.トイレタンクの水位を確認しよう

 

タンク内で異常が起きていると水の流れが悪くなることがある。トイレには水位を調整するための水位調整リングがあり、基本的には基準値で調整されているはずだが調整がうまく出来てないとそういったトラブルがおきてしまう。

又、浮き玉の支持棒が変形していたるすると水位に異常をきたす原因になってしまう。大抵、そういった場合タンク内を覗くと水位が異常に高くなっていたり、低かったりするものだ。しかし、簡単な調整だけで済んでしまうので作業してみてほしい。

2-1.タンクの標準水位を覚えよう

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因タンク内の水位が基準値よりもずれている場合は標準水位にあわせる必要がある。

標準水位の目安としてはオーバーフロー管よりも2~3cm下に水位が来ている事が望ましい。画像を見てもらえるとわかるが黒い穴が空いている箇所がオーバーフロー管だ。

2-1-1.オーバーフロー管とは?

専門的な単語ばかりで申し訳ないので解説しておくが、オーバーフロー管とはトイレのタンクに必ず設置されているもので、水位がタンクを越えて溢れ出してこないように設けられている。

例えば、止水栓を全開にしたりすると当然水量が多くなり、タンクを越えて水が溢れてきてしまうかもしれない。しかし、オアーバーフロー管があることで便器に水を排出してくれるのだ。

2-2.水位の調整方法

水位の調整方法はボールタップの付け根の形状によってやり方が異なる。それぞれに合った方法で調節していこう。

2-2-1.浮き玉が円柱形の場合

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因新しいタイプのトイレで多く見られるが、浮き玉が円柱形をしていて水位が高い場合は、上から見て時計回りに(右回り)低い場合はその逆(左回し)にまわそう。この時、浮き玉のレバーを手で押さえながらやると作業しやすいだろう。

2-2-2.浮き玉が円形の場合

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因画像を見てほしい。

赤く囲ってある箇所が浮き玉だがそれにはいくつか形があり、円形の場合は調整方法も異なってくる。

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因続いてこちらの画像を見てみよう。

ボールタップの付け根の部分にギザギザしたネジのようなものがある。その部分が水位調整リングだ。リングを引き上げるとロックが外れるようになっている。

水位が高いときは左方向に、低いときは右方向に回す。調整したい水位になるまで回していこう。因みに90度回せば約8mm水位が変わるようになっているので、それを基準に調節していけば出来るはずだ。

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方でも解説しているので読んで理解を深めておいてほしい。

3.水位の確認をしよう

 

水位の調整が完了したら、標準水位で水が止まるか確認しておく必要がある。

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因一度レバーを回してタンクの水を抜いてしまおう。その時、手洗い器につながる管(赤く囲ってある部分)から水が噴水のように吹き上げてくるのでコップなどを使用して被せながら行ってほしい。オーバーフロー管から2、3cm下で止まれば成功だ。

4.止水栓の調整をしよう

 

作業中に閉めた止水栓をもとに戻してあげよう。調整方法は作業前に閉めた回数を覚えておいて、完了したら同じ回数まわしていけばわかりやすいはずだ。詳しくはトイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法で解説しているので参考にしてほしい。

5.タンクのフタを被せる

 

タンクのフタが斜めになっていたりグラグラする場合は差し込みが不十分なので、しっかり手洗い管に差し込んできっちりはめてあげよう。

6.トイレが詰まっていないか?

 

もし、水位が正常でタンク内に異常がない場合は便器が詰まっていて水が流れにくくなっている可能性がある。その場合はつまりを解消することで改善することができる。

6-1.ラバーカップでつまりを解消する

トイレの詰まりにはお馴染みのラバーカップだが手っ取り早く直すには一番効果的だ。

トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因1.カップを押すときは、カップ内の空気をすべて押し出すイメージでゆっくり押し付けよう。

このときにカップの中は真空状態になっている必要がある。何度か押し付けているうちに、ピッタリはまるポイントがあるはずなので、探してみよう。

2.カップが押し込まれたら、次に引き上げてあげる。
引き上げる際のコツとしては、勢いよくやってあげることだ。
押すときはゆっくり、引き上げるときは勢いよくだ。そして、カップを引き上げると水が吸い寄せられ、その勢いで詰まっているものが動いて詰まりが解消される。何度か押して、引いてを繰り返しているうちに、水がスーと引いたら詰まりが解消されたサインだ。

トイレのつまりの直し方については以下で詳しく解説しているので参考にしてほしい。

覚えておきたい!ラバーカップの使い方

ラバーカップを使ったトイレつまりの直し方

お湯を使ったトイレつまりの直し方

知っておきたい!トイレつまりの原因

7.まとめ

 

いかがだっただろうか?水の流れが悪い場合は大抵が故障ではなくちょっとしたトラブルが起きていることが多い。理由も単純で流す水の量が不足していること、便器が詰まっていて水の流れが悪くなっていること。トイレの仕組みさえわかっていれば簡単に改善することが出来てしまうのだ。

 

 

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

「トイレの水が流れない」に関する関連記事

コメントを残す

*