水道コンシェルジュで今すぐ解決

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法
Pocket

トイレの水を流した時に水が床にポタポタと漏れるようになった。普段生活をしていてあなたもそんな経験をしたことはありませんか?又、突然起こる水漏れに原因がわからずにお困りではありませんか?トイレの構造を知っていて原因がわかれば、自分で修理することも可能です。しかし、突然起こる水漏れに慌ててしまう方も多いはずです。

そこで、このページでは落ち着いて水漏れの箇所を探してか修理するまでの手順を紹介していきます。

初めてのあなたでも難しい作業では無いので読みながら実践して見てください。

1.タンク下からの水漏れ箇所を特定しよう

 

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法トイレの水漏れでよくあるパターン4つとその修理方法でも紹介していますが、トイレの水漏れにはいくつかのパターンがあります。そこで今回はタンクの下から水が垂れてくる場合の原因の特定方法を紹介します。

確認方法.1

レバーハンドルを回してみましょう。レバーを回すとタンクに溜まっていた水が便器へと流れていきますが、この時にタンクの底に取り付けられているフロートバルブが開閉運動をして水が便器に流れていく仕組みです。又、タンクと便器は繋がっている訳では無くボルトで固定されているのが一般的です。要するにボルトを外せばタンクを外す事ができるのです。では、なぜレバーを回すかと言うと、水が便器に流れていくときに丁度繋ぎ目になっている部分から水が隙間を通って漏れてくるからです。何もしていない状況では水が漏れてこないのにレバーを捻ると水が漏れてくると言う方は覚えておきましょう。

確認方法.2

上記で説明した状況と同じ場合、次は目視で確認してみましょう。画像を見てください。これはタンクの下側を覗いた状態です。ボルトナットが取り付けられているのがわかると思います。ボルトナットは左右両サイドに均等に固定してあります。レバーハンドルを回したら、このボルトナットから水がポタポタ落ちてくるはずです。ここまで確認できれば水漏れ箇所はほぼ特定できたと言えます。次の章では原因を説明していきます。

2.原因はなに?!

 

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法それでは、原因は何でしょうか?!今まで水漏れしていなかったのに突然水が漏れてくる場合はパッキンの劣化である事が考えられます。トイレのタンクと便器の接続部分にはパッキンが取り付けられていて、隙間から水が漏れないようになっています。因みに画像はタンクの裏側の状態です。

このパッキンが経年劣化で形が変形していき、水が漏れてくるのです。それでは、パッキンの交換方法をしていきましょう。

3.タンク下のパッキンを交換する

 

3-1.止水栓を閉めましょう

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法それではパッキン交換をしていきましょう。

まずは、トイレ修理の基本中の基本である止水栓を閉めましょう。

必ず閉めないと作業が行えないので忘れないようにしましょう。

画像の様に、マイナス講になっていればマイナスドライバーで時計回しにまわしていきましょう。しかし、古くなったトイレの止水栓は固くて回らない場合があるので、CRE-556等で動きを良くしてから行うと良いでしょう。又、完全に閉まったかを確認するにはハンドルレバーをまわして手洗い管から水が出てこなくなるか確認するようにしましょう。手洗い管が無い場合は音を聞いて水が給水されていなければ成功です。

止水栓にはハンドルタイプもあり、家によって種類が異なります。トイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法でも詳しく解説しているので参考にして見てください。

もし、止水栓がトイレ室内に無い場合は家の水道元栓を閉めてから行ってください。止水栓の場所はトイレのパッキン交換のやり方で紹介しています。

3-2.タンクのフタを外しましょう

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法2

タンクを外すときはフタを開ける必要があります。フタを持ち上げて中を覗いてみてください。

手洗い管に繋がっている透明の蛇腹ホースがあると思います。蛇腹ホースはプラスチックのナットで固定されているだけなので簡単に外す事が出来ます。特に工具は必要ないので手で回して見ましょう。

タンクには今回、紹介しているナットのタイプや持ち上げるだけで外せるタイプなどがありますが、基本的には難しい作業ではありません。

3-3.タンク内の水を抜きましょう

タンク内に溜まっている水を抜いてください。水が溜まっていると作業が行えません。水を抜くと給水が止まるようになっていれば大丈夫です。

3-4.給水管を外しましょう

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法給水管側のナットを外します。モンキーレンチやウォーターポンププライヤーを使ってナットを緩めていきましょう。

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法ナットを緩めると水がこぼれるのでタオルやバケツを用意して下に置いておくと良いでしょう。

次にボールタップ側のナットも外しておきましょう。取り付けたまま作業を行ってしまうと傾けた時にボールタップが壊れてしまう可能性があります。

上記と同じようにナットを緩めれば外す事ができます。

外したボールタップとナットは安全な場所に移動させておいて下さい。

3-5.タンク下のナットを外しましょう

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法タンクの下を覗いて見てください。

左右にナットが取り付けられているのが確認できます。

モンキーレンチを使ってある程度緩めていきましょう。ある程度意緩んだら、手で回せるようになります。

この作業を左右同じように行います。

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法これが外し終わったナットとワッシャーです。戻すときに必要なので無くさないように、端によせておきましょう。

3-6.タンクを持ち上げます

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法タンクを持ち上げると穴が空いているのが確認できます。

そして、回りの白い部分がパッキンが取り付けてあった箇所です。そこだけ綺麗に形が付いているのがわかると思います。

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法タンク側を見てみるとパッキンが取り付けられているのが確認できるはずです。

 

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法それでは、古いパッキンを外して新しいパッキンと交換していきます。基本的に水が漏れてくるほど劣化しているパッキンだと形が変形しているはずです。

右が古いパッキン、左が新品のパッキンです。

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法タンクの下に新しいパッキンをしっかりはめ込みます。

少しでも隙間が出来ていると水漏れの原因になるので気をつけましょう。

3-7.タンクを便器に固定しましょう

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法パッキン交換が出来たら逆の手順で戻していきます。

タンクの穴の回りににパッキンがしっかりと被さるように設置するのがコツです。

ナットを締めていきますが少しでも緩んでいると隙間から水が漏れてくるのできつく固定してください。

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法タンクの固定が出来たら先ほど外したボールタップを取り付けます。

ボールタップの交換方法で詳しい取り付けて順を紹介しているので参考にして下さい。

トイレタンクから水漏れしている場合の対処法2最後にフタを戻して止水栓を開ければ完了です。

タンクのフタの戻し方はトイレタンクのフタの開け方を参考に行ってください。

4.まとめ

 

タンクを外す作業は難しくはありませんが、タンクが重く力のない女性には難しく感じてしまうかもしれません。また、陶器で出来ている場合落として割ってしまうこともあるので男性に手伝ってもらいながら行うのがいいかもしれません。

しかし、手順を踏んで落ち着いて作業すれば簡単に出来てしまうのです。

 

 

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*