水道コンシェルジュで今すぐ解決

トイレの水が出ない時の原因とその対処法

トイレタンクにカビが生える原因とその予防法
Pocket

いつも何気なく使っているトイレだが、突然手洗い管から水が出てこなくなった経験はないだろうか?水を流しても手洗い管から給水されずに慌ててしまった事がある人も多いはずだ。トイレのトラブルではよくあることだが、それには当然いくつが原因がある。トイレの構造を知らないと難しく感じるかもしれないが、実は単純な原因であり自分でも簡単に対処することが出来る。もし、あなたが現在そのような状況であった場合、これから説明する手順をそのまま実践することですぐに解決できるはずだ。読みながら作業してみてほしい。

1.トイレの手洗い管とは?

 

トイレの水が出ない時の原因とその対処法トイレには手洗い器があるタイプと無いタイプのものがある。因みに、今この記事にたどり着いたあなたは手洗い器から水が出てこなくて、その直し方を調べているはずだ。よって(手洗い器があるトイレ)を使用している事を前提に話を進めていく。手洗い器とは読んで字のごとくトイレタンクの上部に手洗い器が付いていることだ。水を流したら必ずこの部分から水が補給されるようになっている。もし、補給されない場合は何らかの原因で水が止まっている事が考えられる。水が補給されないと、タンク内が空の状態であると言うことだ。

2.手洗い器から水が出ない原因を探ろう

 

水が出てこない場合、手直してほしい箇所がいくつか存在する。下記で紹介している箇所を確認してみよう。これだけでも直ることが多いからだ。

2-1.止水栓が閉まっていないか

トイレの水が出ない時の原因とその対処法意外と多いのがトイレの止水栓が閉まっていることだ。

トイレのタンクを掃除した時に開け忘れていたり、子供がいたずらして閉まっていることがある。止水栓を左に回して、水が出るようなら閉まっていたということだ。その場合は止水栓を調整する必要がある。トイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法で詳しく説明しているので読んでおこう。

2-2.浮玉がタンクの壁や他の金具に引っ掛かっていないか

トイレの水が出ない時の原因とその対処法次に考えられるのが浮球がタンク内で悪さをしていることだ。

壁に引っ掛かっていたり、金具と干渉していたりすると正常に作動しなくなる。タンク内を覗いてみて、もし引っ掛かっていたら手で直してあげよう。タンクの開け方にも種類があるので、詳しくはトイレタンクのフタの開け方を参考にしてほしい。

3.ダイヤフラムを交換すれば直る

 

上記で紹介した方法でも直らない場合トイレタンク内に取り付けられているダイヤフラムという部品を交換することで直すことが出来る。ダイヤフラムが劣化していると水が給水されないトラブルが起きるので覚えておこう。

3-1.ダイヤフラムとは?

トイレの水が出ない時の原因とその対処法画像を見てほしい。

トイレタンクの内には黒いゴムのパッキンとプラスチックが重なった小さい部品がある。これがダイヤフラムと言う部品だ。3cm程の小さい部品だが、実はこの部分で水を止めたり出したりのコントロールをしているのだ。
消耗品なので交換する必要がある。

 

4.ダイヤフラムの交換の仕方

 

それでは交換の仕方を説明していこう。

4-1.止水栓(元栓)を止める

STEP1

トイレの水が出ない時の原因とその対処法トイレ修理の基本中の基本である止水栓を止めよう。

画像を見てもらえるとわかるが、トイレの室内には必ず止水栓が設けられている。床にある場合や壁から出ている事もあるがすぐにわかるはずだ。マイナスドライバーで右に回せば閉まるのでやってみよう。又、中にはハンドルタイプの物もある。止水栓を閉めたら次のステップに進もう。

4-2.タンクのフタを開けよう

STEP2

トイレの水が出ない時の原因とその対処法次にタンクのフタを開けよう。

タンクのフタは持ち上げれば簡単に外すことができる。もし、透明の蛇腹ホースで手洗い管が接続されていた場合ナットを左に回して外そう。手で簡単に外せるはずだ。

4-3.カバーを外そう

STEP3

トイレの水が出ない時の原因とその対処法フタを開けた時に、カバーがされていたら外してしまおう。

手で簡単に取れるはずだ。カバーを外すと浮き玉のレバーが接続されているのが確認できる。

4-4.浮き球レバーを外そう

STEP4

トイレの水が出ない時の原因とその対処法タンクのフタを開けてもダイヤフラムは出てこない。

まず、浮き玉を外す必要がある。画像をよく見ると、つまみを手で押しているのがわかると思う。これは、浮き玉レバーを外している所だ。この部分を強く押して、真上に持ち上げれば外すことが出来る。少し硬いかもしれないが、力を加えてやれば簡単に外せるはずだ。

トイレの水が出ない時の原因とその対処法浮き玉を外すと画像のような状態になる。

外した浮き玉は安全な場所に置いておこう。

4-5.ナットを外そう

STEP5

トイレの水が出ない時の原因とその対処法

レバーを外したら、ダイヤフラムが確認できる。

そして、ダイヤフラムを取り外すにはナットを外さなくてはいけない。ナットは左に回せば簡単に取ることが出来る。画像はナットを外した直後だ。新しいものと交換したら元に戻さなくてはいけないので無くさないようにしよう。

4-6.ダイヤフラムを取り出す

STEP6

トイレの水が出ない時の原因とその対処法外し方は簡単で、上に持ち上げるだけだ。上記で説明したようにナットを外せば、ただ乗っかっているだけの状態だ。古いダイヤフラムは処分して、新しいものを取り付けてあげよう。

4-7.ダイヤフラムを交換する

STEP7

トイレの水が出ない時の原因とその対処法メーカーから等から取り寄せた新しいダイヤフラムを取り付けていこう。

この際、注意点としては指で押さえてクリーニングピンが穴から出てくることを確認しておく必要がある。画像ではわかりづらいかもしれないが黒いゴムから細い針みたいなのが出てくるので確認してほしい。もし、ピンがしっかり穴にはまっていないと水漏れを起こす事があるので注意が必要だ。

4-8.ナットを逆の手順で閉めていこう

SETP8

トイレの水が出ない時の原因とその対処法新しいダイヤフラムに交換出来たら、先ほどと逆の手順で戻していく。

ナットを右に回して閉めていこう。

4-9.浮き玉レバーを取り付ける

STEP9

トイレの水が出ない時の原因とその対処法続いて、浮き玉レバーを戻していく。

つまみを押さえてダイヤフラムにしっかりはまるようになっているが、この際カチッと言う音がすればしっかりはまった証拠だ。手で引っ張ってみて外れないか確認してみよう。

4-10.カバーをはめよう

STEP10

トイレの水が出ない時の原因とその対処法レバーの取り付けが完了したらカバーを被せよう。

4-11.タンクのフタを閉める

STEP11

トイレの水が出ない時の原因とその対処法そして、タンクのフタを閉めよう。

手洗い管から水が出てくるように丁度いい箇所ではまるようになっているので、手で調整しながら行おう。

4-12.止水栓(元栓)を開ける

STEP12

トイレの水が出ない時の原因とその対処法最後に止水栓を開ければ完了だ。

一度、レバーを引いて水が出るか確認するのを忘れないように。

5.まとめ

 

トイレの水が流れない場合はタンクに水があるか、無いかで修理方法も変わってくる。今回は手洗い器の水が出てこない時の直し方を説明した。一度、止水栓やタンク内に問題が無いかを確認して、異常が無いようなら部品の交換を考えればいい。

 

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*