洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント5つ

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント5つ
Pocket

気がついたら洗面台の床が濡れていた。ジワジワと床が湿ってくる。しかし、水をこぼした覚えは無いし、何処から来る水なのかわからずにお困りではないでしょうか?ただ、床を拭き取った所で根本的な解決には至りません。あなたはその原因を突き止めて一刻も早く水漏れを解決したいと思っているのではないでしょうか。実は洗面台の床が濡れている場合いくつかの確認しておきたい箇所があります。そして、水漏れの原因箇所さえ探し出してしまえば、自分で解決することは意外と簡単です。

そこでこのページでは洗面台の床が濡れている、もしくは水漏れしている場合にチェックすべきポイントとその解決方法までを紹介していきたいと思います。

是非参考にして下さい。

1.洗面台の床が水漏れしているのはなぜ?!

 

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント突然洗面台の床が濡れていた場合、確認しておきたい箇所がいくつか存在します。

洗面台の下には蛇口のホース、止水栓、排水パイプ、塩ビ管の繋ぎ目などが設置されています。実はそのどこかに異常があって水漏れしている可能性があります。

この章では一つ一つ確認ポイントを紹介していきますが、その前に洗面台下の収納グッズを移動させておきましょう。

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント多くの家庭では洗面台の収納スペースに洗剤などの日用品をしまっている方も多いのではないでしょうか?

手間かもしれませんが作業の効率を考えて退かせておきましょう。

何も無い状態になったら作業を始めていきます。

2.水を流して何処から水が漏れているかを確認しよう

 

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント水漏れ箇所を探すには一度蛇口を開けて水漏れ箇所を特定する必要があります。

すると、水が染み出してくる箇所が必ず見つかります。

そこで原因を特定できたら修理に取り掛かります。

 

2-1.蛇口のホースから水漏れしていないか確認しよう

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイントシャワーホースとレバーハンドルとの繋ぎ目を確認して見ましょう。

繋ぎ目部分での水漏れは水回りで非常に多いパターンです。

目視で確認できるので水が垂れてきたらすぐにわかるはずです。

次に確認したいのがシャワーホース本体から水が垂れているケースです。洗面台のシャワーホースから水漏れしている場合の対処法でも紹介していますが、シャワーホースは出し入れする事が多い為、年月と共に穴が空いたり破けたりし始めます。

すると、水がホースを伝って床に垂れ始めます。その水が洗面台の床が濡れている原因であることが多いのです。もし、このシャワーホースが原因の水漏れだった場合、蛇口を交換しなければなりません。蛇口の交換と言うと難しく感じてしまうかもしれませんがそんなことありません。意外と自分でも簡単に出来てしまいます。その場合は洗面台の蛇口の交換の仕方でやり方を詳しく説明しているので参考にするといいいでしょう。

2-2.給水管で水漏れしていないか確認しよう

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント給水管と止水栓のつなぎ目で水漏れすることがよくあります。

これは、ナットが緩んでいるかパッキンが劣化しているかのどちらかです。

まずは、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーなどを使って締めこんでみましょう。時計回りにまわせば締まります。

この時ナットが動けば緩んでいるだけなので、これだけで解決してしまうケースも多いです。もし、しっかりナットは締まっているのに水が漏れてくる場合はパッキンの劣化が原因です。その場合は交換をしてあげましょう。

2-2-1.パッキンの交換方法

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイントパッキンを交換する前に必ずしなければいけないことがあります。

それは止水栓を閉めることです。画像ではハンドルタイプですがマイナス講タイプもあり、家によってまちまちです。

洗面所の排水溝掃除の仕方で止水栓の止め方を解説しているので目を通しておくといいでしょう。

手順としては工具を使ってナットを緩めます。ナットは反時計回りにまわすことで緩めることが出来ます。

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント新しいパッキンを古いパッキンを外して入れ替えます。

そして、先程と逆の手順でナットを締めて元に戻していきましょう。

水が漏れてこなければ成功です。

2-3.排水ホースが塩ビ管から外れていないか確認しよう

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント排水ホースと床から出ている塩ビ管との繋ぎ目でホースがしっかり差し込まれているか確認する必要があります。ホースがしっかり差し込まれていなかったり外れていたりすると、当然水が床に流れてしまいます。

固定があまい場合は、防臭ゴムや排水プレートなどを使ってホースを固定するようにしましょう。

洗面所の排水溝からの臭いの原因とその解決法で詳しい施工方法が紹介されているので参考にして下さい。

2-4.排水ホースから水漏れしていないか確認しよう

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント排水ホースに穴が空いていたり、亀裂が入っていると、当然水漏れしてきます。

穴が空いているのが目視で確認できる場合はビニールテープなどで補強する方法もありますが、簡易的に過ぎないためホースを交換したほうが安心です。

排水ホースの交換方法も意外と簡単で5分で出来る!洗面台排水パイプの交換方法を読めば自分で出来てしまいます。

2-5.排水パイプの繋ぎ目から水漏れしていないか確認しよう

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント排水パイプにはいくつかの分解できる箇所があります。

そこには一つ一つナットで固定されていてパッキンが取り付けられています。

そのパッキンが劣化してくる事で水漏れが起こりやすくなるのです。それでは、パッキンの交換方法を見ていくことにしましょう。

パッキンを交換する際は水漏れしている箇所の交換だけで構いません。また、パッキンにもサイズがあるので間違えないように気をつけましょう。

STEP1

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント排水パイプ上部のナットを外します。

するとパッキンが入っているのがわかると思います。古いパッキンを取り外しましょう。

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント画像左側が既存のパッキン、右側が新しいパッキンです。

STEP2

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント新しいパッキンを取り付けていきましょう。

ある程度奥まで入れ込んだら、パイプを戻す際に押し込むことが出来るのである程度で問題ありません。

STEP3

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイントパッキンの交換が出来たらパイプを回して固定していきましょう。

その際にパッキンも馴染むようになります。

※パッキンの向きだけ間違えないように

これで、完了です。水が漏れてこないか蛇口を開けて確認してください。

STEP4

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント次にS字トラップ部分の繋ぎ目から水漏れしている場合のパッキンの交換方法です。

上記と同じようにナットを回して緩めます。

その際に、トラップ部分に溜まっている水が零れてしまいますのでバケツなどを置いておくと良いでしょう。

STEP5

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント既存のパッキンを外します。

画像左側が古いパッキン、右側が新しいパッキンです。

次に新しいパッキンを取り付けていきます。

STEP6

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント隙間が出来ないようにパッキンをしっかりはめ込みます。

 

STEP7

洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイントナットをしっかり締めこんで固定します。

蛇口を開けて水漏れが無いか確認したら終了です。

3.まとめ

 

洗面台の床が水漏れしているからといって床から染み出してきているわけではありません。必ず排水パイプやシャワーホース、給水管の繋ぎ目など何らかの原因があって、水が垂れてくることで床に広がっているだけです。焦らないで、一つ一つ原因を探していくことで簡単に解決できてしまうケースも多いのです。

 

Pocket

水のトラブル・蛇口の修理ならご相談ください

水のトラブルならお任せ下さい。


3000円より


お電話でのお問い合わせ
TEL0120-230-380
営業時間 8:00~19:00(年末年始除く)


詳しくはこちら

コメントを残す

*