水道コンシェルジュで今すぐ解決

トイレの水漏れでよくあるパターン4つとその修理方法

トイレの水漏れでよくあるパターン4つとその修理方法
Pocket

トイレの水漏れにはどのようなケースがあるかご存知だろうか?
また、あなたも普段生活していてトイレの水漏れに悩まされた経験はないだろうか?
人によっては水漏れが起きたときのケースは違うかもしれない。

そして、あなたの家にもトイレは必ずあるはずだ。もし、現在なんのトラブルも無いという人でもいつ水漏れが起きるかわからない。
トイレだって消耗品だ。あなたの家もいつ水漏れが起きてもおかしくないのだ。

そこで、このページではトイレの水漏れが起きた場合の修理方法を解説していく。
水漏れが良く起こる箇所別に1つ1つ解説していくので、もしあなたが現在水漏れでお困りなら、自分の今の状況と照らし合わせながら自分で実践してみてほしい。

1、トイレの水漏れの種類を知ろう

一概にトイレの水漏れといってもどこから水漏れをしているのかで修理方法は異なってくる。
今、水漏れの箇所が特定できているならそれに合わせた修理をしてもらえればいい。

しかし、気づいたら床が濡れていたなど水漏れ箇所が特定できていない場合は一度トイレを使用して水漏れ箇所を特定しておいてほしい。

1-1.トイレの給水管接続部分から水漏れ

トイレの水漏れでは給水管接続部分からの水漏れが起こることがある。

トイレの給水管とは壁の中、もしくは床の下から出でいる細い配管がある。(フレキタイプ)のものもある。

その配管がトイレのタンクや止水栓と繋がっている。そして、その繋がっている接続部分がゆるんできたりすると水漏れが起こる原因となるのだ。

1-2.トイレの止水栓からの水漏れ

トイレの止水栓とは壁の中、もしくは床の下から出でいる給水管に止水栓が付いておりその止水栓から水漏れが起こることがある。

止水栓とはトイレの元栓のことで、水はこの止水栓を開けたり閉めたりすることで、流れる仕組みになっている。

普段はトラブルが起きない限り、止水栓を触ることはないと思うがトイレにはそういった仕組みがあるのだ。

1-3.トイレの排水管接続部からの水漏れ

隅つきタンクの場合タンクから便器への配管がある。この配管の接続部分からの水漏れが起きることがあるのだ。

長年使っていると、パッキンが劣化してくる。それが原因で水が漏れる原因になる。

1-4.トイレタンクのフタからの水漏れ

トイレにタンクが無いタイプも最近は多く普及しているが、トイレにタンクがある場合は手洗い器のホース、また給水管が開きすぎていたりするとオーバーフロー管が排水しきれなくなってタンクから水があふれてきたりするのだ。

2.トイレの水漏れを箇所別に直そう

それではさっそく修理していこう。

手順を追って作業すれば自分でも直せるものばかりなので安心して読み進めてほしい。

2-1.トイレの給水管接続部分からの水漏れを直す

トイレの水漏れで頻繁に起きるパターン4つとその修理方法図をみてほしい。
赤く囲われている箇所が水漏れが置きやすい箇所だ。止水栓との接続部分、タンクとの接続部分だ。
この接続部分にはパッキンが入っており水の通り道をこのパッキンでふさいでいるのだ。

しかし、パッキンは消耗品なのでいつかは寿命がくる。
そこでトイレの給水管から水漏れが起こったときは、始めにパッキンの劣化を疑ってほしい。

パッキンを交換してあげることで、水漏れは止まるのだ。
パッキンの交換方法はトイレの給水管から水漏れしている時の修理方法で詳しく解説しているので読みながら実践しよう。

2-2.トイレの止水栓からの水漏れを直す

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法

図をみてほしい。
上記では止水栓の接続部分での水漏れを解説しているが、止水栓本体からの水漏れも起きるのだ。止水栓にも種類があるが、それは開閉方法の違いであってパッキンが取り付けられていることに変わりは無い。

そしてパッキンによる劣化で水漏れが起きている可能性がたかいのだ。ナットのゆるみで水漏れしている場合は工具(ウォーターポンププライヤー)を使って締め込んであげれば直ってしまう。

一度手で、ナットがゆるんで無いか確認してみて、もし手で動くようなら緩みが原因の可能性もあるだろう。

しかし、手では動かない場合はやはりパッキンを交換する必要がある。その場合はトイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法で詳しく手順が解説されているので参考にしよう。

2-3.トイレの排水管接続部からの水漏れを直す

トイレの水漏れで頻繁に起きるパターン4つとその修理方法図を見てほしい。
隅つきタンクの場合はトイレタンクと便器の間に排水パイプがある。その排水パイプの接続部分から水が漏れることがあるのだ。

その場合、一度ナットがゆるんでいないか確認してほしい。もしナットのゆるみが原因であれば締め込むだけで直る場合もあるからだ。

しかし、ナットを締めこんでも水漏れする場合はやはりパッキンを交換する必要がある。

2-3-1.パッキンを交換しよう

パッキンを交換する前にトイレの止水栓を閉めておく必要がある。止水栓を閉めないで作業をしてしまうと水があふれてくるので必ず始めに止水栓は閉めるようにしよう。

次にタンクの中の水をカラにしておく必要がある。タンクに水が入った状態でパイプを外してしまうとタンク内の水が全て流れてきてしまう。気をつけてほしい。

タンク内の水がカラになったのを確認したら、水漏れしている接続部分を工具(モーターレンチ)ではずそう。

トイレの水漏れで頻繁に起きるパターン4つとその修理方法このときタンク部分と、便器部分の接続で水漏れがある場合は真ん中の接続部分は外す必要は無い。

パッキンは3箇所とも同じ、洗浄管用パッキンで同じタイプなので水漏れしている箇所のパッキンを交換してあげればいいだろう。

パッキンを新しいものと交換できたらナットを締めて元通りの手順で戻してあげれば完了だ。

2-3-2.水漏れを簡単に直す方法

排水管パイプを外すのが難しい場合は応急処置を施すことで対処することが出来る。

トイレの水漏れで頻繁に起きるパターン4つとその修理方法融着テープを使ってナットの上から補修してあげるのだ。

トイレの水漏れで頻繁に起きるパターン4つとその修理方法水漏れしている箇所の汚れと水気をよく拭き取ってから裏紙をはがしながら融着テープを巻きつけていこう。融着テープはテープ幅が少し細くなるくらい引っ張りながら先に巻いたテープと半分くらい重なるようにして巻いていこう。

トイレの水漏れで頻繁に起きるパターン4つとその修理方法袋ナットのきわは、指先やつめで押さえるようにして、しっかり密着させながら巻こう。

トイレの水漏れで頻繁に起きるパターン4つとその修理方法袋ナットから、2cm以上巻いたところで融着テープを切り、再度指で押さえて袋ナットと排水管にテープを密着させよう。

少したつとテープとテープが融着するようになる。

最後に水を流してみて水が漏れてこないようなら成功だ。

2-4.トイレのタンクからの水漏れを直す

手洗い器つきタンクの場合は手洗い管に接続するホースを調べてみる必要がある。

ホースが外れていたら付けなおし、破れていたり、パッキンが痛んでいたら交換すれば直るだろう。

トイレの水漏れで頻繁に起きるパターン4つとその修理方法ホースには蛇腹ホース、黒いゴムホースなどがあるがホースが単純に外れているだけならしっかりつけなおしてあげるだけで直る。

穴が開いていたら新しいホースと交換してあげれば直るだろう。
その場合ホースを外してお店に持っていけば同じものが手に入るので間違いないだろう。

ホースに異常が見られない場合、または手洗い器が無いタイプの場合は止水栓の開きすぎが原因の可能性がある。その場合は止水栓を調整してあげれば直るはずだ。

止水栓の詳しい調整方法はトイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法を読んでほしい。

3.まとめ

トイレの水漏れの原因は経年劣化によるものが多い。そして水漏れしている箇所のパッキンをあたらしいものと交換してあげるだけで直ってしまうことも多いのだ。

1つ1つ手順どおりに作業すれば簡単に直せることがわかって頂けたのではないだろうか。

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*