水道コンシェルジュで今すぐ解決

ボールタップの交換方法

ボールタップの交換方法
Pocket

トイレの水が止まらない場合はピストンバルブの交換方法で紹介したような手順で直すことが出来ます。しかし、ケースによってはボールタップと言う部品を交換しなければならないことがあります。しかし、その状況を判断して修理するには初心者では敷居が高く感じてしまうのではないでしょうか?そこで、このページでは自分の家のトイレの水が流れて止まらない場合の修理方法としてボールタップの交換方法を紹介していきます。

是非参考にして下さい。

1.ボールタップってなに?!

 

ボールタップの交換方法そもそもボールタップってなに?と言う方の為に少しご紹介しておきましょう。

トイレにはさまざまな部品で構成されていて、その中のタンク内は水を補給する為の仕組みや水を流したり止めたりと言った構造で出来ています。

よって、その中の部品が一つでも悪くなると正常な動きをしなくなり、水漏れなどのトラブルへと繋がります。

では、ボールタップはどういった役割をしているのでしょうか?

ボールタップを交換すべきケースとしてタンクの水が便器に流れ続けて止まらないと言った場合です。ボールタップはタンクに水が給水されると一定の水量まで溜まった時点で自動的に止まるようになっています。

しかし、それでも水が止まらない時はボールタップが正常に働いていないことが考えられます。

その場合の確認方法としては、タンクの中を一度開けて見ましょう。

2.タンク内の点検をしよう

 

トラブル時に役立つ!トイレタンクの構造を知ろうタンクのフタを開けたら初めに水位の確認をしましょう。

確認すべきポイントとしては

1.オーバーフロー管より水位が低いか

2.オーバーフロー管より水位が高いか

この2つです。

1のオーバーフロー管より水位が低い場合は鎖やフロートバルブを点検します。フロートバルブが突起にしっかり取り付けられているか、外れていないかを確認して見ましょう。またフロートバルブが劣化している場合は交換が必要です。突起にしっかりはまっているのに、水が流れ続ける場合はトイレタンクのフロートバルブの交換方法を参考に交換してください。ゴムを触った時に手に黒い跡が付けば交換をオススメします。又、鎖が絡まっていないかも確認する必要があります。鎖が絡まっているとフロートバルブが完全に閉まらない為、水漏れの原因になってしまいます。手直しをして下さい。

2のオーバーフロー管より水位が高い場合は画像の浮き玉を持ち上げて見ましょう。この時に水が止まるか、止まらないかがポイントです。もし、水が止まるようならトイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方トイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法を参考に水量調整をしてあげましょう。

しかし、水が止まらない場合はパッキンが劣化している可能性があるのでピストンバルブの交換方法で紹介しているピストンバルブを交換してあげます。

しかし、ボールタップの種類によってはピストンバルブが付いていない場合もあります。

そこで、次の章ではボールタップ本体を交換して修理していく方法をお伝えしていきます。

3.ボールタップの交換方法

3-1.止水栓を閉める

ボールタップの交換方法

トイレ修理の基本中の基本である止水栓を閉めましょう。

必ず閉めないと作業が行えないので忘れないようにしましょう。

画像の様に、マイナス講になっていればマイナスドライバーで時計回しにまわしていきましょう。しかし、古くなったトイレの止水栓は固くて回らない場合があるので、CRE-556等で動きを良くしてから行うと良いでしょう。又、完全に閉まったかを確認するにはハンドルレバーをまわして手洗い管から水が出てこなくなるか確認するようにしましょう。手洗い管が無い場合は音を聞いて水が給水されていなければ成功です。

止水栓にはハンドルタイプもあり、家によって種類が異なります。トイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法でも詳しく解説しているので参考にして見てください。

もし、止水栓がトイレ室内に無い場合は家の水道元栓を閉めてから行ってください。止水栓の場所はトイレのパッキン交換のやり方で紹介しています。

3-2.タンクのフタを開ける

ボールタップの交換方法2

ボールタップはタンク内に取り付けられているので、タンクのフタを開ける必要があります。フタを持ち上げて中を覗いてみてください。

手洗い管に繋がっている透明の蛇腹ホースがあると思います。蛇腹ホースはプラスチックのナットで固定されているだけなので簡単に外す事が出来ます。特に工具は必要ないので手で回して見ましょう。

タンクには今回、紹介しているナットのタイプや持ち上げるだけで外せるタイプなどがありますが、基本的には難しい作業ではありません。

3-3.給水管を外そう

STEP.1

ボールタップの交換方法基本的に給水管とボールタップはナットで取り付けられています。できれば、モンキーレンチを2本用意して片方を押さえながら、もう片方のモンキーレンチでナットを緩めていきましょう。

STEP.2

ボールタップの交換方法給水側のナットを外すとボールタップ側のナットが取り付けられています。外してしまいましょう。

STEP.3

ボールタップの交換方法ナットを外したら横に引き抜いてみましょう。

簡単に外せるはずです。

外したボールタップは使わないので処分して構いません。

STEP.4

ボールタップの交換方法次に新しいボールタップを取り付けていきます。

外した時と同じように穴に差し込みます。

この時、内側にパッキンをはめるのを忘れないように気をつけてください。

STEP.5

ボールタップの交換方法新しくボールタップをセットしたら外側からパッキン、ナットの順に取り付けていきます。

STEP.6

ボールタップの交換方法パッキンを入れます。

STEP.7

ボールタップの交換方法次にナットで固定して、ボールタップが動かないようにします。

もし、給水管を外した時にストレーナーが取り付けられていたら、忘れないように取り付けましょう。

※ストレーナーが無いタイプもある

STEP.8

ボールタップの交換方法次に給水管のナットをはめてモンキーレンチで固定します。

ナットの緩みがあると水漏れの原因になるのでしっかりと固定しましょう。

STEP.9

ボールタップの交換方法最後に止水栓を開けて水量調整します。

ボールタップ側で水量調整ができるようになっている場合、プラスドライバーで回していきます。

理想の水位はオーバーフロー管から2、3cm下で水が止まるようにしてください。最後に逆の手順でフタを閉めたら完了です。

フタの閉め方はトイレタンクのフタの開け方を参考にして下さい。

4.まとめ

 

ボールタップは市販でも販売されていますが、トイレの種類によってボールタップを選ぶ必要があります。

手洗い管の位置や給水管の位置によっても異なるので、自分の家のトイレの形状を確認してから行ってください。

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*