水道コンシェルジュで今すぐ解決

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法
Pocket

トイレの水漏れが起きた時に不安になってすぐに修理をお願いしたことがある。
という方も中にはいるのでは無いだろうか?

またトイレの水漏れが起きた時、一刻も早く修理しないと下の階や、お隣さんに迷惑が掛かってしまう。
修理費用も高額になる。

そんな不安があるのかもしれない。
確かにその考えには賛同だ。
水漏れが起きたときは一刻も早く修理したほうが良いに決まっている。

しかし、自分で修理したことが無くて不安…。プロに任せた方が安心だし…。

そう言った考えにも賛同はできるが、プロに任せるのは自分で対処出来なくなってからでも遅くは無い。
なぜなら、案外簡単に自分でも出来てしまうからだ。

そしてトイレの水漏れの多くは劣化や消耗などによるものが多い。また長年使用していると水漏れの被害は常に身近で起こりうることなのだ。
しかし、水漏れと聞いて不安になる必要は無い。難しい知識も必要なければ、工具だって身近なものしか必要ないのだ。
そして、このページで紹介する給水管からの水漏れは良くあるケースだ。

あなたの家も長年住んでいると起きることは珍しくは無い。いつでも修理できるようにしておけばいつ水漏れが起きても安心なはずだ。
ここでは初めての方でもわかり易く修理が出来るように説明していくので安心して読み進めてほしい。

1.トイレの給水管からの水漏れを直す

給水管の接続部分からの水漏れはパッキンの劣化によって起きる、よってパッキンを新しいものと交換してあげるだけでなおってしまう。

また給水管に接続されているボールタップの修理をしたりするとパッキンを入れ忘れていたり、かみ合わせがズレていたりすると水漏れが起こってしまうので注意が必要だ。また古いパッキンを使用するのもNGだ。

ただ普通に生活していて突然、給水管の接続部分から水漏れが起きたという場合には新しいパッキンに交換してあげるだけで済む。

1-2.トイレの給水管とは?

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法
図の赤く囲ってある箇所を見てほしい。
トイレの給水管は壁から出て、タンク内にあるボールタップへと接続されている。その接続部分からの水漏れが起きやすいのだ。

そして、その接続部分にはパッキンが入っておりそのパッキンが劣化してくることにより水漏れが起こるのだ。接続部分は2箇所あり、止水栓の接続部分とタンクへの接続部分だ。

1-3.パッキンとは?

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法
パッキンとは水回りで頻繁に使用されているもので、水が通る管などの接続部分にはめ込む事で水が出でこないようにする役目がある。

黒いゴムで出来たリング状のものだ。
一度は見たことがあるのではないだろうか。

そしてこのパッキンを入れ忘れていたりするといくら強く締めても水が漏れ出すので注意が必要だ。

2.タンクの接続部分からの水漏れを直す

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法

タンクとの接続部分から水漏れした場合の直し方を見ていこう。

 

 

 

2-1.必要となる工具

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法結論から言ってしまえばナットを回すものがあれば問題ない。
もし、新しく用意する場合は図にあるような工具を用意すれば問題ない。

これはウォ-ターポンププライヤーという工具だ。

小さなネジやナットまで回すことが出来るため水も回りの修理をする場合最適な工具と言えるだろう。

2-2.給水管をタンクから外す

①トイレの元栓を閉める。

トイレの元栓の閉め方はトイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法で詳しく解説されているので目を通しておこう。

②ハンドルを回してタンクの中をカラの状態にする。

③タンクのフタを開ける。

タンクのフタの開け方はトイレタンクのフタの開け方で詳しく解説されているので目を通しておこう。

フタを開けたらタンクの水が無くなったのを確認しておこう。

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法
作業をする前のポイントをお伝えする。

図を見てほしい。

給水管を外す時は給水管に残っている残水がこぼれてしまうのでバケツを下に置いておくのがコツだ。

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法給水管を止めている給水管袋ナットを工具(ウォーターポンププライヤー)で外そう。

給水管袋ナットを緩めることにより、給水管が外れる。
給水管袋ナットは給水管にはめたままにしておこう。

この際中にフィルター(ストレーナー)などが入っている場合があるのでなくさないように注意しよう。

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法給水管袋ナットを緩めたら古い給水管パッキングを外し、新しい給水管パッキングをはめてあげよう。

もしパッキングの種類がわからない方は古いパッキングを持参してホームセンターに持っていけば間違いないだろう。

新しいパッキングに交換できたら元通りに給水管を取り付けて、給水管袋ナットを締めよう。
最後に元栓を開けるのを忘れないように。

2.止水栓の接続部分からの水漏れを直す

2.タンクの接続部分からの水漏れを直す止水栓との接続部分から水漏れした場合の直し方を見ていこう。

止水栓の接続部分から水漏れしている場合は、上記の手順どおりにタンクと給水管の接続部分を外す必要がある。

トイレの給水管から水漏れしている時の修理方法そして、止水栓側の給水管袋ナットを工具(ウォーターポンププライヤー)でゆるめ、給水管を外そう。
古いパッキングを取り外し、新しいものと交換してあげよう。

通常の給水管では差し込みパッキングが使われているが、フレキタイプの給水管ではそれとは違うパッキングが使われている。

そのあと、逆の手順で給水管を元通りにつけなおしてあげよう。
最後に元栓を開いたら完了だ。

3.まとめ

このページでは給水管接続部分からの水漏れの修理方法を解説した。

その場合はパッキンを新しいものと交換するだけで直ってしまうということがわかって頂けたのではないだろうか?

初めてやる方も手順を追って作業することで修理できてしまうのだ。

トイレの接続部分からの水漏れは大きな漏れでは無いかもしれないが、早めに修理してあげることで安心して生活できるのではないだろうか。

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*