トイレタンクのフロートバルブの交換方法

トイレタンクのフロートバルブの交換方法
Pocket

トイレで起こるトラブルで非常に多いのが水が止まらないといった不具合だ。例えば、便器に水がチョロチョロ流れ続けるや勢いよくジャージャー流れ続けるといったことが頻繁に起きやすい。これはタンク内に問題が起きている事が多くトイレの構造を知っていれば簡単に対処することが出来る。そして、このような事態では確認すべきポイントは以下の5つだ。

  1. タンク内の水位の確認
  2. レバーハンドルの動作確認
  3. クサリの確認
  4. フロートバルブの確認
  5. フロートバルブのパッキンの劣化確認

この5点を確認して異常が起きている箇所を探していく必要がある。そこで、このページでは上記で紹介した4つの確認方法も交えながら、フロートバルブの交換の仕方をお伝えしていく。

是非読みながら実践してみてほしい。

1.止水栓を閉めよう

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法水道コンシェルジュでは嫌と言うほど出てくるこの止水栓の閉め方だが、トイレ修理の基本中の基本なので必ず行ってほしい。

この作業は飛ばしてしまうと水が溢れてきたときに自分が大変な思いをすることになるので、手順どおりやってほしい。

トイレの室内に必ず止水栓があるので閉めよう。大抵はマイナス講の形になっているのでマイナスドライバーを使い時計回りに(右回し)で閉まるようになっている。

中にはハンドルタイプもあるので蛇口を閉めるように回せば閉めることができる。詳しくはトイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法でも解説しているので読み込んでおこう。

2.タンクの中を確認しよう

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法それではタンク内の異常を探していこう。

その前にタンクのフタを開けなければいけない。タンクのフタの開け方はそのまま持ち上げるだけで外れるようになっている。しかし、中には手洗い器との接続部分がナットで固定されている場合もある。その場合はタンクの中を覗きながらナットを手で回して外してあげよう。特に工具類は必要ないので簡単に外せるはずだ。トイレタンクのフタの開け方トイレの流れが悪い時に覚えておきたい2つの原因でも解説しているので目を通しておいてほしい。

3.タンク内の水位を確認しよう

 

3-1.水がタンク内の水位線よりも上にある場合

3-1-1.浮き玉の調整をしよう

トイレタンクのフロートバルブの交換方法水位線が無い場合はオーバーフロー管よりも3cm下に水位がくるように調整してあげよう。オーバーフロー管から水が流れてくるようなら完全に水位オーバーだ。真上から見て右に回せば水位が下がり、左に回せば上がるようになっている。この時レバーの根元を手で押さえながら行うと回しやすいはずだ。適切な水位になれば完了だ。

4.レバーの作動状況を確認しよう

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法ハンドルレバーを回したときに正常に戻らない場合は軸が錆びていたり水垢が付いて動きが悪くなっている場合がある。そうなるとフロートバルブが完全に閉まらずに便器に水が流れ続けることになってしまう。中を分解して掃除してもいいが(呉工業 5-56)防錆剤をスプレーして動きを良くすれば直る場合もあるので試して見よう。

5.フロートバルブのクサリを点検しよう

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法画像を見てほしい。

タンク内のハンドルの先にクサリが取り付けられているが、もしこれが外れていたりしたら正しくはめておく必要がある。

又、クサリの長さが適切な調整がされておらず伸びきった状態になっていたりするとフロートバルブが閉まらずに水が流れ続ける原因になってしまう。クサリの適切な調整方法はトイレタンクの水が止まらない時の原因と対処法を参考にしよう。

6.フロートバルブが外れていないか確認しよう

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法画像を見てほしい。

フロートバルブにはいくつか種類があるが、プラスチック状のフロートバルブの場合タンクの底から出ている突起部分にしっかりはまっておらずバルブが閉まらなくなっている可能性がある。

トイレタンクのフロートバルブの交換方法その場合は手で突起部分にしっかりはめ込んであげよう。

又、小側・大側があるので両方とも確認して、どちらが外れているか確認する必要がある。

7.フロートバルブの交換方法

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法フロートバルブがゴムで出来ている場合は同じものと交換する必要がある。

1.クサリがフローとバルブに取り付けられているので外してあげよう。

2.新しいフロートバルブにクサリをつける。

3.突起部分にフロートバルブをはめ込もう

画像 TOTO サポートページ 参照

ポイント

クサリを取り付ける際は玉クサリの場合は4玉・リング状のクサリの場合は2輪ほどたるませて付けるのがコツだ。

8.プラスチックのフロートバルブの場合

 

材質がプラスチックで出来た最近のフロートバルブの時はパッキンの交換をしてあげよう。

STEP1

トイレタンクのフロートバルブの交換方法排水弁の裏側に特殊なパッキンが取り付けられていて、それが劣化してくると水が便器に流れ続ける現象が起きるのだ。

よって、パッキンの交換をしておこう。

排水弁には小側・大側がありどちらも外すことができる。小側の方から外すようになっているのでフックの両側を指でつまみ上に持ち上げよう。少し硬いかもしれないが外せるはずだ。

STEP2

トイレタンクのフロートバルブの交換方法画像を見てほしい。

これが小側の排水弁をはずした画像だ。裏側にパッキンが取り付けられているのがわかるだろう。

 

STEP3

トイレタンクのフロートバルブの交換方法次に大側の排水弁が残っているので外してあげよう。

垂直に持ち上げるだけで外すことができる。

STEP4

トイレタンクのフロートバルブの交換方法大側の排水弁を外すと同じように裏側にパッキンが付いている。

このパッキンが痛んでくると亀裂が生じてくる。よって新しいものと交換してあげよう。

9.元に戻そう

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法パッキンの交換が出来たら逆の手順で元に戻していこう。

1.大側の排水弁を取り付ける

2.小側の排水弁を差し込む

3.クサリが外れていないか確認する

4.浮き玉を取り付ける

 

10.タンクを閉めよう

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法タンク内を元の状態に戻せたらタンクを閉めよう。

手洗い管とタンクの差込部分をしっかりはめるようにしよう。

11.止水栓を開けよう

 

トイレタンクのフロートバルブの交換方法最後に止水栓を開けよう。

開けるときは半時計回り(左回り)にまわせば水が補給されるようになる。

忘れてしまうと水が補給されないので忘れないようにしてほしい。

12.まとめ

 

今回はトイレの水が止まらない・便器に水が流れ続けるといった場合の確認しておきたいポイントをご紹介した。又、フロートバルブの交換方法については自分の家のタンクに備え付けられているフロートバルブと同じものを使うようにしてほしい。

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*