水道コンシェルジュで今すぐ解決

お湯を使ったトイレつまりの直し方

お湯を使ったトイレつまりの直し方
Pocket

トイレのつまりは日常ではよく起こることだ。
もし、あなたの家のトイレが詰まってしまった場合、あなたはどうやってそのつまりを解消するだろうか。
多くの方はトイレのつまりと言えばラバーカップをまず始めに思い浮かべるだろう。
よく学校にもおいてあったあのシュポシュポのやつだ。スッポンと呼ぶ人も多いだろう。
ほとんどのトイレのつまりはラバーカップで直ってしまうことが多いが、家に無いという方も多いハズだ。
ちなみに、ラバーカップはホームセンターに行けば必ず置いてあるので準備してしまえばすぐにつまりを解消することができる。

だからと言って近所にホームセンターが無い方も多いと思う。遠くまで買いに行って直らなかったら手間と時間だけ取られてしまうことになるので、不安な方も多いはずだ。
しかし、家にあるもので直す事が出来る方法がある。

それはお湯を流して待つだけでつまりを解消する方法だ。
近くにホームセンターが無い場合や、すぐに準備できないときはこの方法で試してみよう。
よって、このページではお湯を使ったつまりの直し方を説明する。

是非、参考にしてほしい。

1.トイレがつまってしまう原因を知ろう

トイレのつまりにはさまざまな原因があるが、大抵が便器の中にトイレットペーパーや、ティッシュペーパー、固形物を流してしまい、便器の奥で水の通り道をふさいでしまっている為に、水が流れなくなってしまっていることが多い。

トイレの排水経路はまっすぐ伸びているわけではなく、S字になっている箇所があってそこにものがつまりやすくなっているのだ。

トイレットペーパーを必要以上に流したり、水に溶けにくいティッシュペーパーを流したりするとつまりの原因になってしまうのだ。
また、携帯電話やボールペン、子供がおもちゃを便器に落としてしまったりするとその固形物が排水管にはさまってしまう。
固形物がはさまった状態でペーパー類を流してしまうと、その固形物がペーパの通り道をふさいでしまうことになる。
よって、便器になにかものを落としてしまったら流してはいけない。

排水経路の奥まで固形物が流れてしまったら、便器を一度取り外さないといけなくなることもあるからだ。
トイレのつまりの原因に関しては知っておきたい!トイレつまりの原因を読めばより理解が深まるだろう。

2.お湯を使う時に注意しなければいけないこと

お湯を使ったトイレつまりの直し方トイレのつまりを直すときに、全てがお湯で対応できるわけではない。
お湯を使うときは、今自分の家のトイレが何が原因で詰まっているのかを知る必要がある。
それでは、お湯を使って直るケースをお伝えしておこう。

1.トイレがつまってしまう原因を知ろう。でもお伝えしたとおりトイレのつまりにも種類があることは先述した通りだ。

2-1.お湯を使っていいケース

お湯を使って直る場合は汚物やトイレットペーパー、ティッシュペーパーなどの紙類を流したときだけだ。
なぜなら、お湯を使う理由は詰まった紙類をふやかして、排水管の奥に流し込むためだからだ。

ラバーカップなどは吸引することで水流が発生し奥に流れるか、手前に押し出されるかで解消されるが、お湯を流すときはつまっているものが奥に流れていくだけになってしまう。
よって、自分の家のトイレに何が詰まっているのか判断する必要があるのだ。しかし、お湯と言っても熱湯はNGだ。便器は陶器で出来ているので熱に弱い為、熱湯を注ぐと割れてしまう恐れがあるので気をつけよう。

40℃くらいの温度が丁度いいはずだ。

2-2.お湯を使ってはいけないケース

お湯を使ってはいけない場合の代表的な例が固形物だ。
例えば、携帯電話、ペン、おもちゃなどがつまって水が流れなくなっている時は、絶対にお湯を流してはいけない。
また水もそうだ。

なぜなら、固形物が詰まっているところを、また奥に押し込んでやることになるからだ。
固形物が奥に押し込まれてしまうとS字になっている排水管部分に固形物がつまってしまい、解決には至らなくなる。

最悪の場合、便器自体を外さないといけなくなってしまう。
そうなると大変だ。
よって固形物を落とした場合はお湯を使うのはNGだ。

しかし、トイレは突然詰まる事が多いので、原因が分かっていない方も多いはずだ。弊社に御依頼頂くお客様の中でも何も流した記憶は無いけど、突然詰まってしまったとおっしゃる方が多いのも事実だ。そういった場合はお湯を流して固形物を奥まで流し込むリスクを考えるよりも、便器を外して固形物を取り除く方法にシフトチェンジする方が賢明だろう。

3.お湯を使ってつまりを解消しよう

それでは、お湯を使ってつまりを解消する方法を見ていくことにしよう。
何度も言うが、固形物を落としてしまった場合はこの方法はNGだ。
飛ばしてしまおう。

3-1.始めにバケツやヤカンを使ってみよう

 

お湯を使ったトイレつまりの直し方お湯を流す前に、一度バケツやヤカンで水を流してみよう。
なぜなら、これだけで直ってしまう場合も多いからだ。

トイレが詰まった場合、放置しておくだけでも勝手につまりが解消されることも多いので、始めにバケツに水を汲んで流してみてほしい。
その際の注意点としては以下の2つだ。

・高い位置から水を流す
・勢いよく一気に流さない

高い位置から流すことで、水に勢いを持たせることができる。その勢いでつまりが奥に流されるからだ。
勢いよく流したほうがよさそうだが、便器の排水口の穴が小さいと、勢いよく水を流しても十分な水流を作れないのだ。
よって少しずつ流すことをおすすめする。
これだけで直った場合はお湯を使う必要はない。ハンドルを回してしっかり流れるか確認してみよう。

気を付けてほしいのが便器の水が少しづつ引いていけばいいのだが、全く水位が変わらない場合、水を注ぐと便器から溢れてしまうことになるので調節しながらおこなっていこう。間違えても、レバーを回さないように気をつけよう。水が溜まっている便器から完全に溢れてくるからだ。

3-2.お湯を使う

お湯を使ったトイレつまりの直し方もし上記の方法で解消しない場合はお湯を使ってみてほしい。
このとき注意しなければいけないことをお伝えする。

・熱湯は使わない。ここは重要だ。

なぜなら熱湯を便器に流したら、便器が割れてしまうおそれがあるからだ。
便器は陶器で出来ているので熱湯には弱いのだ。
便器が割れてしまったら交換しなくてはいけなくなる。
そうなったら、大事なのでくれぐれもぬるま湯程度にしておこう。

これは、お湯を使うことでペーパー類をふやかしてつまりを直す方法だ。

それでは手順をお伝えしよう。

  1. 鍋、若しくはやかんでお湯を作ろう(40℃~50℃)が理想的
  2. 半分ほどお湯を便器に流す(この際つまりが原因で便器に水があふれてきそうだったらバケツで水をすくっておこう)
  3. 1時間ほど放置する(この際お酢と重曹を入れておくと効果的だ)

これでつまりが解消されれば完了だ。その際、いきなりハンドルを回さずに少しずつお湯を流して流れるか確認する必要がある。
しっかり流れることが確認できたらハンドルを回して最終確認しよう。また、お湯を使った方法に関してはラバーカップを使ったトイレつまりの直し方でも触れているので読んでおくといいだろう。

4.ラバーカップで詰まりを解消

お湯を使っても流れていかない時は、ラバーカップを使うようにしよう。ラバーカップには和式用、様式用の二種類があり、その家のほとんどが様式用を使うことになるはずだ。

しかし、最近は便器の形が特殊になってきて節水型のトイレが普及している。節水型トイレは水を節水できる分、詰まりやすいのがデメリットだ。また節水型トイレにフィットしたラバーカップも販売されているほど普及率は高くなっている。

自分の家が節水型のトイレだと様式用のラバーカップを使用しても真空状態が作れなくて詰まりが解消できないケースも多いので、自分の家のトイレのタイプを調べてからラバーカップを購入しに行くようにしよう。

4-1.ラバーカップの使い方

お湯を使ったトイレつまりの直し方

ラバーカップを使う時は便器の回りをゴミ袋などで封をして水がはねないように、対策をしておこう。

ビニール袋の中央にハサミで穴をあけてラバーカップの棒が貫通するように工夫が必要だ。

ビニール袋の端はビニールテープを使って固定するようにしておく。

お湯を使ったトイレつまりの直し方その状態でラバーカップを便器と密着させ押して、引いてを繰り返していこう。

ビニール袋をすることで水がはねないようになり、思いっきり作業をする事が出来るのだ。

また、異物などが溜まっている時はとくにビニール袋は必要だ。

自分に跳ね返ってくる事が多いからだ。

軽度な詰まりであればこの作業だけで簡単に詰まりが解消してしまう事も珍しくない。しかし、いくらやっても詰まりが解消しなければラバーカップの使い方が間違っているか、詰まりが頑固で流れていかない事が考えられる。

その場合は次に紹介する方法に挑戦していこう。

5.薬剤を使って詰まりを解消する

 

お湯を使ったトイレつまりの直し方ラバーカップは身近な道具のひとつなので、試される方も多いはずだ。

しかし、詰まりの種類によってはラバーカップでは抜けないケースも多い。

そうなると、業者に頼もうと考えるかも知れないが、まだ自分で試す方法はいくつかある。

その一つに薬剤を使った方法だ。

また、強力な薬剤なので市販では販売されておらず、購入するには署名が必要となる。しかし、簡単に手に入るので試してみてはいかがだろうか。

5-1.薬剤の使い方

お湯を使ったトイレつまりの直し方薬剤は流し、トイレ、洗面、浴槽の排水が流れない時に使用する。

初めに、適量を便器の中に撒きいれて様子を見よう。水と合わさるとシュワシュワ音を立てながら、熱くなる。

中の詰まりに薬剤が届いて汚物を分解してくれるのだ。約10分ほど待ってみて、効果が薄いようであれば再度薬剤を投入してを繰り返していく。

最後にバケツに水を汲んで流してみよう。スーッと流れていけば成功だ。

ちなみにだが、薬剤や薬剤を入れた液体は手で触らないように気をつけよう。また、刺激が強いのでゴム手袋やマスクなどをしてから行うようにしてほしい。プロも使う!ピーピースルーの超効果的な使い方でも使い方を紹介しているので参考にしてくれ。

6.真空ポンプを使って詰まりを解消する

お湯を使ったトイレつまりの直し方
先程薬剤を使って詰まりを解消する方法を紹介したが、それでもダメなら真空ポンプを使うしかない。

真空ポンプにも種類があるが、ラバーカップの約5倍の吸引力があり、効果は絶大だ。

いくらやっても抜けない時に真空ポンプを使うと一発で抜ける事もあるくらいだ。

小型のサイズであればホームセンターにも置いてあるはずだ。

7.便器を外して詰まりを解消する

お湯を使ったトイレつまりの直し方真空ポンプでとれない詰まりは配管の経路の途中で詰まっている可能性がある。その場合は便器を脱着して固形物を取り除かないといけない。

これは小さいお子さんが居る家庭によく見られる事例で、おもちゃやおかしを便器に落としてしまう事が多いのだ。

こうなると、自分では対処が難しい為、業者に依頼するほか選択肢はないだろう。弊社でも、このようなトラブルでお問い合わせ頂くことが多く、何万件と修理をしてきた。

もし、あなたがお困りの際は遠慮なく相談してくれ。きっとお力になれるはずだ。

8.まとめ

今回紹介したお湯をつかったつまりの対処法は比較的、効果が高い方法だ。
すぐにでも、実践できる方法なのでいざというときは試してみてほしい。

また、他の方法も合わせて実践してみてほしい。

参考になったなら幸いだ。

Pocket

トイレのつまりならお任せください!!

弊社ではトイレが詰まった際の出張修理を行っております。出張費等の料金は掛かりません。ご自分で対処が難しい場合、弊社にお任せ下さい!!


作業費6000円(税抜き)


お電話でのお問い合わせ・ご相談
TEL 0120-230-380
営業時間 8:00~19:00(年末年始除く)


詳しくはこちら

コメントを残す

*