水道コンシェルジュで今すぐ解決

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方
Pocket

トイレで良くあるトラブルの一つとして水が便器にチョロチョロと流れて止まらない事がある。

いつまでたってもタンク内で給水している音がして、全然止まる気配が無い。あなたもそんな経験はないだろうか?

しかし、そのまま放置していると使う必要が無い水道代を払い続けることになってしまう。もしそれが、キッチンの蛇口が調子悪く常に水が止まらずに出続けていたらどうだろうか?

一刻も早く修理するだろう。

トイレも同じなのだ。トイレの水が便器に流れ続けるということは給水が永遠に止まらないわけで、水道の蛇口が常に開いているのと同じことなのだ。

そう考えると放っておくわけにもいかないはずだ。

そこでこのページでは便器に水が流れている原因を突き止めて直すための手順をお伝えしていく。

もしあなたが、同じようなトラブルでお悩みなら参考にしてほしい。

1.トイレタンク内の水位を確認しよう

トイレの水が便器にチョロチョロと流れて止まらない場合は元栓を閉めないでトイレタンクのフタを外して中を確認する必要がある。トイレタンクの開け方に関してはトイレタンクのフタの開け方を参考にしよう。

そしてタンク内の水の水位を確認することで原因をおおむね突き止めることができる。

1-2.タンク内の水位がオーバーフロー管より下の場合

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方浮ゴムが劣化していたり、何らかの理由で弁が閉まらなくなっている為

水が便器に流れてきていることが考えられる。

その場合は下記の内容を点検する必要がある。

1-2-1.クサリを点検しよう

水位がオーバーフロー管よりも下にある場合クサリと浮ゴムが原因の可能性がある。

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方
図を見てほしい。

浮ゴムに接続されているクサリが絡まっていたりすると、浮ゴムが完全に閉まらなくなってしまう。

適切な長さを調節してあげないと便器に水が流れ続けてしまうのだ。
また、短すぎもNGだ。

1-2-2.浮ゴムを点検しよう

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方
もしクサリが正常に作動している場合は浮ゴムを点検してほしい。

浮ゴムは排水口を浮ゴムでふさいであげることで水が流れない仕組みになっている。簡単にいうとフタのようなものなのだ。
そこの間にゴミやサビなどが挟まっていると完全に閉まらなくなるため隙間から便器へ水が流れてしまうことはわかるだろう。

浮ゴムを触ったときに黒い汚れが付くようなら交換をおすすめする。

1-2-3.浮ゴムを交換しよう

浮ゴムを交換したことがないという方も多いと思うが、意外と簡単に出来てしまう。

どの浮ゴムを購入したらいいかわからない人は今付いている浮ゴムを持参してホームセンターに行けば同じものが手に入るので間違いないだろう。

また最近ではプラスチック性の浮ゴムが主流だ。詳しい交換方法に関しては近いうち紹介予定だ。

①トイレの元栓を閉めよう

トイレの元栓の閉め方がわからない方はトイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法を参考にしよう。
元栓を閉めたらハンドルレバーを回してタンクの中の水を流してしまおう。
タンクの中の水に入っていると作業がしづらい為だ。そして、フタを開けておこう。

②古くなった浮ゴムを外す

トイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法
オーバーフロー管の突起部分から浮ゴムのアームを外す

クサリのフックをハンドル部からきているアームから外す

③クサリの長さ調節をしてあげる

トイレの元栓の閉め方、開け方と水位の調整方法
ここで重要なのがクサリの長さ調節だ。

この長さを適切な調整をしてあげないとまた水が止まらなくなってしまう。
詳しい調整方法を見ていこう。

古い浮ゴムをクサリをまっすぐ置き、横に新しい浮ゴムを並べて同じ長さになるようになったところにフックを付けてあげる。

今まで付いていたクサリと同じ長さにしてあげれば調整でわからなくなることも無いはずだ。

④新しい浮ゴムをつける

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方
新しい浮ゴムを取り付けてあげたら完了だ。

クサリのフックをオーバーフロー管の先に引っ掛けて、浮ゴムを排水口にかぶせてあげよう。

その際に浮ゴムのアームの穴をオーバーフロー管の突起にはめるのを忘れずに。

最後にクサリのフックをハンドルのアームに取り付けてあげれば完了だ。

 

1-3.タンク内の水位がオーバーフロー管より上の場合

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方タンク内の水位がオーバーフロー管よりも上にある場合は水位調整がうまく出来ていない可能性がある。

1-3-1.トイレタンク内の水位を調整しよう

タンク内の水位がオーバーフロー管より高い場合、水位調整が必要だ。

オーバーフロー管よりも水位が高くなっているとそのオーバーフロー管を通って便器に水が流れてしまうのだ。

また、浮玉を持ち上げたときに給水が止まる場合はその位置までいかないと給水が止まらないことを意味してる。

そこで水位調整をすることによって適切な水位を維持してあげることができるわけだ。

ここではボールタップに水位調整が付いていることを前提に話を進めていく。

①浮玉が円形のタイプ

ボールタップに付いている水位調整リングを引き上げてから回してみよう。その際、回しづらければ浮玉を軽く抑えながら行うと作業しやすいだろう。左に回すことにより水位が下がり、右に回すと水位が上がるようになっている。
目安として、90度回すと水位が約8mm変わるのでそれを基準すれば、どれくらい回してあげれば適切な水位になるのか見当が付くはずだ。
適切な水位はオーバーフロー管から2~3cm下だということを覚えておこう。

 

②浮玉が円すい形のタイプ

トイレの水が便器にチョロチョロ流れて止まらない場合の直し方浮玉が円すい形をしているタイプは浮玉を手で回すことにより水位が調整できるようになっている。

右に回すことで水位が下がり、左に回せば水位があがる。非常にシンプルなので簡単にできるだろう。

もし回しづらい場合は浮玉レバーを押さえながらやればまわしやすいはずだ。

2.まとめ

トイレのトラブルは構造を理解し、水の流れる仕組みがわかってしまえば自分で直すことも簡単に出来てしまう。

そして水が止まらなくなってしまっても慌てる必要はない。

なぜなら、どんな水漏れでも元栓を閉めてしまえば水が出てくることは無いからだ。

それからゆっくり作業をすれば安心してできるだろう。

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*