水道コンシェルジュで今すぐ解決

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法
Pocket

トイレを長年使用していると止水栓から水漏れが起こることがある。

ポタポタと水が垂れてきてそれが溜まって大きな水溜りになっていた。

そんな状況をあなたは経験したことがないだろうか?それが止水栓ではなくても水回りに関する箇所では良く起こりがちな出来事だ。

そのまま放っておいても水漏れが止まるわけでは無いのですぐに修理をしてあげる必要がある。

しかし、修理といっても安心してほしい。

簡単にできてしまうからだ。このページの内容を読んで実践するだけであなたも水漏れを止めることが出来るのだ。

1つ1つ手順どおりに進めていけば数分の作業で完了してしまう。

是非参考にしてほしい。

1.トイレの止水栓からの水漏れを直す

止水栓といっても色々なタイプがある為、種類によっても多少の違いはあるだろう。

そこで、この章では代表的な止水栓を主に説明していく。

1-2.止水栓とは?

止水栓とはトイレの中にあるものでトイレの水を止めたり、出したりするための元栓のことだ。

止水栓はトイレには必ず付いているもので水漏れしたときなどに元栓を止めてから修理したりする。

家にも元栓があるが、それは家自体の水を止める為の元栓でトイレにはトイレ専用の元栓があるということを理解しておいてほしい。

1-3.修理に必要な工具を用意しよう

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法

止水栓の水漏れを直す場合は図のような工具があれば十分だ。

これはウォーターポンププライヤーという工具だ。

もし無ければホームセンターにあるので準備しておこう。

1-4.止水栓のパッキンを交換しよう

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法 止水栓がマイナスドライバーで閉めるタイプとハンドルで回すタイプについて解説していく。

 

 

 

 

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法

①マイナスドライバーで閉めるタイプ

図を見てほしい。

このタイプの止水栓はマイナスドライバーで閉めることが出来るので、始めに閉めてあげよう。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法 次にパッキング押さえを工具(ウォーターポンププライヤー)で外してあげよう。

左に回せば外れるはずだ。そして古い三角パッキングを取り除いて新しい三角パッキングと交換してあげよう。出来たらパッキング押さえを元通りにはめてから締め直してあげれば完了だ。

最後に止水栓を開けるのを忘れないように。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法②ハンドルで回すタイプ

図を見てほしい。

ハンドル式の止水栓の場合はハンドルを閉めてから、カラービス、ハンドルを外してパッキング押さえを外す必要がある。

1つ1つ見ていこう。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法ハンドルを手で押さえながらハンドルの上のカラービスを工具(ウォーターポンププライヤー)で左に回して外そう。かなり硬くなっている場合は力を入れて回せばゆるむはずだ。

軽く回るようになったら指で回してカラービスをはずしてしまおう。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法はずしたカラービスはなくさないように気をつけよう。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法次にハンドルを上に引き抜こう。このとき抜きづらければ前後左右に細かくゆすりながら引き抜けば少しずつ動くだろう。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法もしそれでも固着していて抜けない場合はハンドルの下から木ヅチなどでたたいてみよう。ハンドルが斜めにならないようにハンドルを回しながら均等にたたくのがコツだ。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法ハンドルが抜けたらパッキング押さえを工具(ウォーターポンププライヤー)でゆるめよう。

このとき布をかぶせながらおこなえばパッキング押さえを傷つけることなくできる。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法パッキング押さえがゆるんだら、手でまわしてスピンドルから抜き取ろう。

このとき三角パッキングがスピンドルに残る場合とパッキング押さえの内側に張り付いていて一緒に抜ける場合があるのでそれぞれの状況に合わせて三角パッキングを取り除く必要がある。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法三角パッキングがスピンドルに残っている場合

指で三角パッキングをスピンドルから取り外そう。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法三角パッキングが押さえの内側についている場合

キリなどを使って三角パッキングをパッキンググ押さえからはがしとろう。

 

 

 

パッキング受けも交換する場合

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法

三角パッキングの下にあるパッキング受けをはずしてしまおう。しかし、パッキング受けは本体のネジの上部分より下にあるのでそのまま取ることが出来ない。

そこで、スピンドルの軸を2回転くらい回してみよう。そうするとパッキング受けがネジの上まで上がってくるので簡単に取ることができる。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法新しいパッキング受けと三角パッキングをスピンドルの軸に差し入れよう。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法パッキング類を差し入れたらパッキング押さえをはめ込んで指で右方向に回して締めてから、工具(ウォーターポンププライヤー)で締めこむ。

このとき締め込みすぎはハンドルの動きが重くなるので調整が必要だ。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法ハンドルをスピンドルの軸にはめ込んであげる。

このときハンドルが入りにくければ軽くたたいて押し込んであげればいいだろう。途中まで入ったところでカラービスを締めていけば自然とハンドルも入っていく。

トイレの止水栓から水漏れしている時の修理方法最後にカラービスを差し込んでから、工具(ウォーターポンププライヤー)で締めこめば完了だ。

2.まとめ

今回はトイレの止水栓における修理方法を説明したが最近はフレキタイプの給水管が多い。

どのタイプでも給水管からの水漏れは起きるものだ。

そしてパッキングの劣化による水漏れは使っていたら起こることも珍しくない。

もしトイレの床が濡れていたら一刻も早く、原因を見つけて対処してほしい。

参考になったなら幸いだ。

Pocket

トイレのトラブル・水漏れ修理を行っております。

弊社ではトイレの水漏れ・トラブルによる出張修理サービスを行っております。
即日対応も可能です。お困りの際は一度ご相談ください。


作業料3000円


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*