水道コンシェルジュで今すぐ解決

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイント

洗濯機
Pocket

引っ越し時や、新しい洗濯機を購入したときには洗濯機を外す作業が必要になってくる。凄く簡単に出来ることだが、その際注意しなければポイントがいくつかある。そして、これから紹介する内容はあなたも経験したことがあるかもしれない。このページでは洗濯機取り外し後の注意点なども合わせて説明していくので是非読み進めてほしい。

1.洗濯機を取り外す時の4つの手順

 

1-1.アース線を外そう

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイントまず、アース線と電源コンセントを外してしまおう。アース線の付いているカバーをマイナスドライバーでこじ開けると、金属のネジが出てくる。

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイント金属のネジを左に回すと緩むのでアース線を下に引っ張って、抜いてしまおう。ドライバーはマイナスでもプラスでも構わない。これで、アース線の取り外しは完了だ。外したアース線と電源コードはまとめてテープで洗濯機に止めておくようにしよう。

1-2.給水ホースを外そう

 

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイント次に給水ホースを外していこう。その際に必ず蛇口を閉めておくのを忘れないように。画像を見てほしい。給水ホースを外すときは洗濯機側から外すのがコツだ。なぜなら、ホースには水圧がかかっているので蛇口側から外してしまうと水が噴出してしまう。よって、洗濯機側から外すのが鉄則だ。ネジになっているので左に回せば簡単に外すことができる。その際、ホースから残水が出てくるのでバケツなどを用意して水受けに使おう。

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイントそして、蛇口側を外していこう。蛇口側のツバに付いているフックを押さえながらスライドさせると外すことができる。外したホースは洗濯機の中に入れておけばいいだろう。次の取り付け先で探すことも無くなるはずだ。

1-3.排水ホースを外そう

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイント排水ホースにはエルボが取り付けられているので外してしまおう。基本的にはビニールテープや結束バンドで固定されている。このときも排水ホースの残水をバケツなどに流しておこう。引越し先などで水が床にこぼれてしまう原因になるためだ。また、洗濯機側も外すことができる場合は根元から外して洗濯機の中に入れておくようにしよう。もし、外せない場合はガムテープなどで洗濯機に貼り付けておけばいいだろう。

1-4.固定ボルトを付ける

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイント

ドラム式の洗濯機を使っている場合は洗濯機の裏側に固定ボルトをはめないといけない。固定ボルトは輸送時に中のドラム缶を固定する役割がある。このドラム缶が輸送中に動いて故障してしまうのを防ぐためだ。固定ボルトをつけるときは専用の部品が購入時に付属されてくるが、もし無い場合はモンキーレンチを使えばいい。固定ボルトは六角ナットになっているのが一般的だが、中にはドライバータイプもある。ドラム式洗濯機の取り付け方にも固定ボルトの外し方が解説されているので新居にて参考にしてほしい。

 

2.取り外す際に注意したい3つの注意事項

 

2-1.蛇口ごと外さない

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイント引越し時などでよくありがちだが、給水ホースを外すときに蛇口ごと外して持っていってしまう人がいるが、建物側の備品なので置いておこう。後で管理会社から現状復旧で戻すように言われてしまう。また、戻さない場合は敷金から高額な費用を引かれてしまいかねない。しかし、ストッパー式などに自分で蛇口を取り替えている場合は外してから、次の引越し先に持っていけばいい。その際に元の蛇口に交換しておけば問題ない。洗濯機の蛇口の種類と給水ホースの取り付け方法よって覚えておくようにしよう。

2-2.ニップルを持っていく

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイント画像を見てほしい。赤く囲ってある箇所がニップルといわれる部品だが、この部品を持っていかない人が多い。次の入居先の蛇口の形状をわかっていればいいが、なかなか把握できない箇所だ。そしてこのニップルが新居でも必要になってくることがあるので忘れずに持っていくようにしよう。蛇口を閉めて、ドライバーで周りのネジを四つ緩めれば簡単に外すことができる。この際、ネジを無くさないように気をつけよう。1本でも無くしてしまうと取り付けができなくなるからだ。また洗濯機の蛇口の水漏れを直す方法を読めば、外し方、取り付け方が詳しくわかるはずだ。

2-3.エルボを持っていかない

洗濯機の外し方と注意すべき3つのポイント排水エルボも引っ越し時に一緒に持っていってしまう人が多いが、同じく建物側の備品だ。必ず置いておこう。そして排水エルボが無いと次入居してきた人が困ってしまう。それだけではなく管理会社から余計な金額を請求されてしまう可能性もある。必ず覚えておきたいポイントと言えるだろう。またエルボの種類や取り付け時には洗濯機エルボの取り付け方が参考になるので読んでおこう。

3.まとめ

 

洗濯機を取り外したときに建物側の備品を一緒に持っていくとトラブルの原因になってしまう。現状復旧をする義務がある以上、細かい部品でも建物の部品であればしっかり置いてから退去しなくてはいけない。

Pocket

洗濯機の取り付け依頼を承っております。

弊社では新しく買い替え時の洗濯機のお取り付け・取り外し。
また、引っ越し時のお取り付け・取り外しなど、お客様のご要望に合わせて対応いたしております。是非、一度ご相談下さい。


全自動タイプ2800円~


お電話でのお問い合わせ
TEL 0120-230-380
営業時間 9:00~20:00(年末年始除く)


料金表はこちら

コメントを残す

*